腎移植体験談

腎移植体験談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カロリーとナマモノ

2008.03.19
松山に泊まりで遊びに行ってきました。
オットはさっさと夜の予定を入れてしまったので、ワタシも

junさんにお願いして飲みに連れて行ってもらうことに。

その前に先日手術したばかりのNさんをちらりとお見舞い。
経過も順調、元気そうでよかった
今まで会った中で一番笑って、一番しゃべってました

手土産は移植患者さんには定番の「水分」。
何も考えずにビタミンウォーターとお茶を選んで持参したのですが...
ちょうど居合わせた主治医にしっかり成分を確認されて「カロリーが多過ぎ!飲んじゃダメ。持って帰って」と怒られてしまいました...置いてきたけど...

移植後のカロリー制限厳しいんですね...
自分は手術のあと食べられるのが嬉しくて、何もかも美味しくて、食べたいがままに口にしていました。
「太らないように気をつけて」と確かに主治医に言われてましたが...「おデブちゃんにはならないように」程度だと勝手に解釈してました。
結果、食欲はずっと止まらずメタボです....
その後junさんと食事へ。
ちょうと卒業式と重なってどこも人はいっぱい。
「値段がわかんないけど美味しいから」と、メニューに値段が載ってなくて、着物で出迎えてくれるようなちょっと敷居の高いお店に案内してもらいました。

かきかき
どれも美味しかったー♪
料理もお酒も♪

写真は牡蠣。
にんにくバターにトマトソースが添えられてました。
珍しいよね。エスカルゴみたい。

手前はおススメにごり酒。

貝類は塩味が強くて苦手なのですが、牡蠣は別。
特に生が好き。

移植後はちょくちょく"あたって"ました...
刺身やら鯖寿司やらも食べては戻していました...

その頃TVで肝移植のドキュメントを見ていたら「移植後は免疫抑制剤を飲むのでナマモノは食べられません。」と...
...
だから最近しょっちゅうあたるのね!と納得。
1年もすれば薬の量も減り、そんなこともなくなりましたが、本当あの頃は....
その後もスポーツバーと、中世のお城のような内装に貴族のような店員さんが並ぶバーもはしご...とても楽しい夜でした♪
junさんちょこちょこランチを食べに行ったり、お互いの家に遊びに行ったりしたことはあったけれど飲むのは初めて。
ずっと一緒にいても、ずっと一緒に笑っていられるような人です。

でも話しているといつもワタシは自分が恥ずかしくなります。
junさんは移植コーディネーターという目標に向かってまたひとつ駒を進めていました。

きっと3年後にはきちんと夢をかなえているだろうと思います。
友達でいられることを誇りに思える人なのです。

新しい病院

オットの転勤で地元に戻り、移植手術をしていただいた先生にまた診ていただくことになりました。
ワタシが手術を受けた時は、友達に「この病院じゃなきゃだめなの?」と聞かれたぐらいに老朽化著しい病院でしたが...(以前に撮った写真がありました。)

高知医療センター高知医療センター

現在はホテルのような明るいロビーや、広すぎてガラガラ感すら感じる待合や廊下のある大きな医療センターに変わっています。





さてワタクシ早速入院してしまいました。


医療センター医療センター入院フロアは「ほがらか」「すこやか」「のびやか」という名前がついてます。
ワタシが入院したのは「さわやか」です。

可愛いイラストがそこら辺中に描かれてました。

インフルエンザだったのでたった2泊のお泊りでしたが、すぐに熱も引いたので快適な入院生活でした。
後で病院内に図書館やインターネットのできる場所があると知って残念。
(ベット脇のモニターでも定額料金でインターネットはできましたが....)
最上階にあるらしい海の見えるレストランもまだ利用してないし...
せっかくの新しい施設なので、病院ではありますが満喫していくつもりです。

移植ユニット

2008.01.16
オットの転勤で松山を離れることになり、こちらで知り合ったお友達とランチをしました。

樹庭樹庭樹庭

場所は樹庭
料理も美味しくお腹いっぱい。
話すこともいっぱいでBGMが切れて、お昼の営業が終わるまで居座りました。

樹庭お腹周りが73cmだとカミングアウトしたワタクシ。
夫婦間腎移植のドナーになったjunさん
この次の日にクロスマッチ検査を受けるNさん。
去年夏に移植を受けて順調なyumikoさん

ブログを通じて仲良くなった大切なお友達です。
色々と情報交換をしたり(ワタシはあまりいい先輩ではないので、情報はもらうばかりなのですが...)しています。
初めて会った頃は移植に消極的だったNさんも、この後とんとん拍子に話が進み今月にも移植予定だそうです。
本当にブログやっててよかったなーって思います。

病気腎移植のこと

2006.12.20

久しぶりに着物を着ました。
オットにも着せました。
少し前にニュースやワイドショーを賑わせた臓器売買。
その後の病気腎移植。
万波先生のこと。

ワタシのような素人が何か意見を言うのは間違っていると思うので、あまり言ったり書いたりはしてないのですが。
今、舞台になった愛媛に住んでいるので、地元の新聞でこのことについて一面で連載しているのを見ます。

愛媛新聞オンライン 両刃のメス

普段はチラシぐらいしか見ないワタシも、興味深く読んでいます。
まだ続くと思いますが、今は万波先生の患者さんやそのご家族に取材した記事が載っています。

【2度目の病気腎 うれしさ 怖さに勝る】

お会いしてこともない先生だけれど、お金にも名誉にも執着してない様子。
患者のことだけを考える先生だと聞くと本当に嬉しくなるんです。
ワタシは患者の立場なので、病気の腎臓でも欲しいと思う気持ちがわからないわけではない。
無知な発言を承知で言えば、制度の方を変えればいいんじゃ?と思ってしまうぐらい。
【4度の手術 感謝と怒り 両親複雑】

やはり感謝の言葉ばかりではなく...
特に亡くなった患者さんの遺族は、万波先生に不信感を抱いているという記事も載っていました。

この回の記事などはタイトルだけで辛いですよね。
つい「4回?」と口に出してしまったら、横にいたオットが「うん」とだけ言いました。
オットも朝の忙しい時間に読んでいたみたい。
でも議論などはしないんですよ。難しいです。
毎日この連載を読んで、いろんな思いがありすぎてしばらく動けなくなってしまいます。

ネットでも見られるのでよかったら見てください。

重度障害者医療費助成

2006.08.22
手作りパン
先日作ったパンです♪
ワタシは移植後、重度障害者医療費受給者証というものを市からいただいてます。
医療費の自己負担がなくなるありがたいものです。

今日お隣の市に住む友達と診察を受けに病院に行きました。
長い長い待ち時間に色々話していると「今月から一部負担になったね」と言われびっくり☆
改めて自分の受給者証を見ると「負担金なし」となってました。
市によって違うみたいですね。

ワタシのオットは3日後には転勤の内示がある予定で、現在リーチの状態なんですが...
そんなことを調べてから住む場所を決めるわけにもいかないし。
でも重要ですよね。

ところで、この受給者証は1年更新なので、毎年7月末に届きます。
でも今回ワタシの家には8月過ぎても届いてなかったの。
区役所に問い合わせると対象者にはなっているので送っているとのこと。

すぐにでも使うものだし、再発行してもらうために区役所に出向きました。
窓口で事情を説明して、再発行依頼書(?)のようなものに名前を書いて印鑑を押している間に、新しい受給者証ができあがってました。
思わず「もうできたんですか?」と聞いたぐらい。
「もうできました」とちょっと得意げに返されちゃいました。

確かにペラペラした紙にちらっと印刷したぐらいのものだけど。
ワタシにとって重要で大切なものだけに...。

そしてこういう重要なもの(ワタシにとって)を普通郵便で送る事もちょっと不満。
だって最初に送ったはずのワタシの受給者証はいったいどこに行ったのか...心配じゃないですか...?

骨密度

2005.11.16
東京に遊びに行ったときにラクーアに行きました。
半日をここでまったり過ごしてきたんです。
ヒーリングバーデって場所は40℃ぐらいの低温のサウナが4つあって、男女一緒に入れます。
ほとんどの人が寝転がってます。イヤ寝てます。

平日なのに人が多かったけど18歳未満が入れないってことで静か。
ワタシ達もヴィラ風の休憩所で、本読みながら寝転がって過ごしました。
床が全部暖かいので、寝てるだけでうっすら汗かいて気持ちよかったんです。

ところでここに骨密度や抹消血液循環状態を調べるサービスがありました(各500円)。

早速オットとやってみると血管はふたりとも「A」でサラッサラ♪
でも骨密度は...ワタシは測っている段階からおかしいと思われて測り直しされました。薬のせいで骨の状態は常に気にしているんだけど、結果は「70歳代」ということでした。

「運動してくださいね」と説明を受けている隣りでオットが「ほらほら~」と笑っていたら相方も「40歳代」との結果。

ジムに通っているオットはかなりショックを受けたようで...早速通勤の時に自転車で行ってた駅までの道を歩いて行きました。
ワタシも買物の時にはスーパーとか無意味に歩き回ってきました(微妙)。

患者会

2005.09.18
母からの提供で腎臓移植をしてから2年半。
普段は自分が病気だってことも忘れてしまうぐらい普通に生活してます。

これも自分の体を痛めてワタシを救ってくれた母のおかげ、家族や病院の方々のおかげ。
ついつい忘れてしまいがちだけど感謝の気持ちも忘れないようにせねば☆と思っています。日々感謝です。




広島で同じような境遇の方達の集まる「患者会」に入ってみました。
今日初めての懇親会。
一緒に行く予定の友達が急遽来れなくなったのでひとりで参加。
最初はさすがにポツンとしてたんだけど、誰か話かけてくれたら離さないイキオイで頑張って(?)きた。
本当色々聞きたいことはいっぱいあるし。

ひとつ。「アロエヨーグルトはダメらしい」という話。

料理美味しかった。ケーキ5個食べてきました♪

定期通院

2005.07.25
現在は1ヶ月に1度、検査とお薬をもらうために通院してます。
お薬の変更をしている途中なので、最近データはガタガタしてます。
でも欲を言わなければまずまずかなぁ...という感じ。

今日はネットで知り合った友達と一緒♪
最近出産されたとは思えないぐらいほっそりしっとり美人サン。
正直普段オットとしか話さないワタシ、友達と一緒の日は通院というのに何だかワクワク♪
ランチに行きたいお店をチェックして出発。

ひとしきり話した後、無事診察を終えて、可愛らしいお子ちゃまの写真も見せてもらって...お菓子と紅茶のセットをいただいちゃいました。
実は明日はワタシの3歳の誕生日。
本当知っててくれるだけで感激☆なのに...

たくさん入ってたのに美味しくて次の日にはなくなりました。ありがとう♪

知らない土地で知らない病院。
友達がいるのは心強いです。
これもこうしてHPを作ったおかげ♪ネットのおかげ♪

DHCのサプリメント



CATEGORY LIST
LATEST ENTRIES
   
  
   

       | HOME |       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。